2016年08月01日

パトロール映像とマルチカメラ映像の再生に対応したTARGET frontier JV Ver5.75 Rev022を昨日公開いたしました

 TARGET frontier JV Ver5.75 Rev022を昨日公開いたしました。更新確認ボタンからバージョンアップを行なって下さい。再起動後、画面最上部の表示で、バージョンが正しいかどうかご確認下さい。もし正しくない場合には、再度バージョンアップを実行してみて下さい。

 7月26日にJRA-VAN NEXTがレーシングビュアーの映像で、パトロール映像とマルチカメラ映像に対応しましたが、同時にJV-Linkもその対応のためにVer4.5.0にバージョンアップされたようです。ターゲットでも早速パトロール映像とマルチカメラ映像に対応し、対応バージョンのJV-Linkを利用して、レーシングビュアーが利用可能であれば、これらの映像も再生が可能になります。

 ただ、この2つの映像は現在は平地の重賞競走のみの提供で、そのタイミングも翌月曜日の夜以降ということのようです。今後提供レースの範囲が拡大等するかどうかはこちらではわかりません。現時点では、「アイビスサマーダッシュ」と「クイーンS」での両映像の再生が可能です。

 一部のみですが確認しましたところ、過去のレースでは、今のところ2015年のレースから映像はあるようです。

 再生方法は基本的にこれまでの通常レース映像の再生方法と同じです。各画面内のレース映像の再生ボタンや再生メニューを実行しますと、パトロール映像とマルチカメラ映像がある場合にのみ映像の選択肢が表示されるようになります。通常のレース映像のみの場合には選択肢は表示されずにそのまま映像が再生されます。

 なお、その他の追加・改善点については以下の通りです。



Ver5.75 Rev021→Ver5.75 Rev022の更新内容


・各画面のレース映像再生箇所で、レーシングビュアーのマルチカメラとパトロール映像の再生に対応(JV-LinkのVer4.5.0以降が必要/提供されるのは今のところは平地重賞競走のみ)
・本年の秋の最終馬連(9月10日〜10月16日/馬連+5%)に対応
・タイムランク画面で項目に「上3F地点差(-3F差)」を追加(フリー項目ソートにも対応)
・9代血統表で、クロスリストのCSV形式出力に対応
・馬名検索(メニューパネルの競走馬ボタン)で、平仮名での馬名の入力にも対応
・小倉競馬場の2860mの障害コースに対応(コースマーク/フルゲート頭数)
・その他細かい改良とデバッグ


  
Posted by kunezaki at 20:58TrackBack(0)TARGET

2016年06月02日

TARGET frontier JV Ver5.75 Rev021を昨日公開いたしました

 TARGET frontier JV Ver5.75 Rev021を昨日公開いたしました。更新確認ボタンからバージョンアップを行なって下さい。再起動後、画面最上部の表示で、バージョンが正しいかどうかご確認下さい。もし正しくない場合には、再度バージョンアップを実行してみて下さい。

 夏競馬の2歳戦の単勝配当が5%アップとなる「2歳単勝」に対応しています。その他の機能追加・改善箇所は以下の通りです。

・本年の夏の2歳単勝(6月4日〜9月4日/単勝+5%)に対応
・馬データ画面で、人気を色分け表示する指定が可能(1〜3人気)
・馬データ検索画面で、「中央レース数」、「地方レース数」、「海外レース数」、「初戦場」、「最新(最終)場」の各項目を追加
・馬データ検索画面で、地方デビュー馬の中央初戦の一覧が可能
・レース検索に「平均1F」、「前走平均1F」項目を追加
・その他ランク画面で、「前走馬印1〜8」項目を追加
・出馬表の過去走項目に「上3F地点差」を追加
・対戦成績画面で、表示モードを追加(コメント、マイニング、外部指数、他)、その他改善
・その他細かい改良とデバッグ


  
Posted by kunezaki at 04:49TrackBack(0)TARGET

2016年04月06日

サポートサイトの変更及びTARGET frontier JV Ver5.75 Rev20の公開

 サポートサイトの変更及び、そちら等に対応したTARGET frontier JV Ver5.75 Rev20を昨日公開いたしました。更新確認ボタンからバージョンアップを行なって下さい。再起動後、画面最上部の表示で、バージョンが正しいかどうかご確認下さい。もし正しくない場合には、再度バージョンアップを実行してみて下さい。また、アップデート中にI/Oエラー等が発生する場合には、ターゲットの起動用のアイコンを右クリックして、管理者として実行してお試し下さい。

 ターゲットのサポートサイトがある@niftyより、@homepageのサービス終了(統合)の知らせがあり、こちらで利用しているサイトは本年の9月29日でサービスを終了するということになりました。そのため、サポートサイトをニフティの別のサーバーへと移動することになりました。

 新しいサイトは、http://target.a.la9.jp/」になります。2016年9月28日までは以前のサイトと併用となります。今のところサイトの内容等は基本的には変更はありませんが、ターゲットから基準タイムファイルをダウンロードしたり、ターゲットのアップデートを行なう際にもサイトへアクセスしますので、旧サイトへのアクセスが出来なくなりますと(2016年9月29日以降)、古いバージョンのターゲット内からは、基準タイムファイルのダウンロードやアップデートが行なえなくなりますのでご注意下さい。

 こちらの変更等に対応した、TARGET frontier JV Ver5.75 Rev020を公開いたしましたので、必ず9月までにはバージョンアップしてご利用下さい。

 また、ブックマークされている場合や、リンクを張っていただいている場合には、大変お手数をおかけいたしますが、変更等をお願いいたします。

Ver5.75 Rev019→Ver5.75 Rev020の更新内容

・本年の桜花賞、皐月賞、オークスの馬連5%UP及ダービー週の全場全レースの馬連5%に対応
・出馬表分析で、記号に転厩初戦表示(前走読込時/出馬表と同様のもの/ソート対応/出力はHTML形式のみ)
・出馬表分析で、一括処理の「馬印へのコピー」で、対戦型マイニング順位と外部指数3と4の順位に対応
・タイム分析で、前6ハロン分と後6ハロン分の各1ハロン分のラップタイムデータ項目を追加(各ハロンタイムでのソートが可能)
・タイム分析で、「1ハロン平均タイム」、「平均速度(秒速/時速)」項目を追加
・タイム分析で、「1〜3着馬印」の表示項目を追加(単一項目で、変更は不可)
・レース検索で、前走馬場状態別集計で、障害と平地の推移別の集計が可能
・レース検索で、キーワードリストによるコメント等内文字列別集計で、正規表現に対応



 最後の内容だけ少々わかりにくいと思いますので、説明いたします。

 こちらは、レース検索で、指定した文字列が各コメント等内に含まれるデータのみを集計するという機能で、これまでは最大20個までの文字列のみの指定が可能でしたが、今回からは、それらに正規表現も利用可能になるというものです。正規表現を使えば、例えば「出遅れ|不利」のように、複数の文字列を指定して、その中のどれかにマッチするデータというような集計も可能になります。

 具体的な指定方法ですが、キーワードリスト内で、「;@SD」という文字列から始まると、それ以降の文字列がタイトル(集計項目名)及び正規表現として認識されます。タイトルと正規表現文字列はCSV形式で認識され、カンマで区切ります。中身にカンマが含まれる場合には、ダブルコーテーションで括って下さい。タイトルは、集計画面内に表示するものです。また、項目がひとつの場合には、正規表現として認識され、集計項目名としても、そのまま表示されます。

 リスト内には通常の項目と正規表現の項目の混在が可能で、正規表現項目のタイトルは文字が青色で表示されます。
  
Posted by kunezaki at 21:16TrackBack(0)TARGET

2016年01月15日

即PATがゆうちょ銀行に対応

 今週末より即PATが新たにゆうちょ銀行に対応するということですが、IPATサイトの仕様変更等の可能性もありましたので、新たに即PAT口座を作成して入金から投票のテストを行ないましたが、今のところは特に問題はありません。引き続きテストしてみます。
  
Posted by kunezaki at 19:28TrackBack(0)TARGET