2004年12月09日

馬単ワイド馬券

dbcc93fd.gifワイド馬券とは、上位3頭の内、2頭を決めて3頭目はどの馬でも構わないという馬券です。そして、3連複でその2頭軸で流すと、3頭目を制限することができます。これは前回説明した単勝と馬単との代用・絞り込みの関係と同じで、実際にも多くの局面で利用できます。そして、そこに3連単を加えますと、さらに、2頭の着順も指定できますので、より絞り込むことも可能になります。

また、ワイド馬券は、2頭の着順はどうでもよいわけですが、例えば、A馬は1着で、B馬が2〜3着という予想の場合、この予想ですと、3連単が登場する前までは、A-Bのワイド馬券を買うか、Aの単勝馬券、またはA-Bの馬単馬券でBが3着の場合は諦めるというような馬券しか組み立てられなかったわけです。これでは自分の予想が正確に馬券として反映されておらず、的中したとしても払い戻し額は予想に見合ったものではなく、常に無駄な保険の分の目を強制的に付加されてしまっている形になっています。ですが、3連単を利用して、A馬を1着、B馬を2着、3着総流しという馬券とB馬を3着にして2着を総流しという馬券を作成すれば、A馬が1着でB馬が2〜3着で的中する馬券を作成することができます。仮想的な馬単ワイド馬券と呼んでいますが、TARGET frontier JVやBET Masterの最新バージョンでは、この仮想的な馬券の全ての組合せの合成オッズを計算し、先頭の画像のように通常のオッズと同様の方法で一覧表示することが可能になっています(画像はBET Masterでのジャパンカップの仮想馬単ワイドオッズ画面)。もちろんそんな馬券は売っていませんので、そのまま購入することは出来ませんが、1・2着固定で3着総流しのフォーメーションを作成し、2・3着のみ入れ替えた目を作成するという方法を定型化し、2・3着マルチという新しい指定を可能にしてありますので、代用馬券としての買い目を作成することが可能で、簡単な手順で購入を可能にしています。

もちろん常にこの方法ばかりで馬券を購入するのではなく、この馬券に合った予想結果になったときに利用します。1着は堅く、相手もほぼ1頭なんだけど、3着かもしれない、なんていう予想には最適ですし、しかも、1着馬は断然人気でも相手がそれほど人気が無ければ、オッズ的にも十分美味しく、これまでオッズ的に手が出しづらかったようなレースでも購入できるようになるケースもあります。要は、他の馬券と同様に、この馬券の特徴を生かして、それに合ったケースで利用するようにすれば、選択肢も広がり、より予想内容に近い馬券を組み立てることができるようになります。

この馬単ワイド馬券ですが、研究するとなかなか面白い事実もでてきます。馬単を基本としますと、馬連は馬単の表と裏で的中しますので、倍の的中パターン数があります。同様に、馬単ワイドも、相手が2・3着で的中しますので、こちらも倍になり、基本的な難易度としては、馬連と馬単ワイドとは似たようものになります。また、実際の合成オッズの一覧を見ても、馬連くらいのオッズが並び、買いやすい馬券とも言えます。しかし、目の組合せ数は馬単と同じだけありますので、馬連の倍になるわけで、難易度は高いように見えますが、実際には、馬単ワイドは各レースで2つの目が的中しますので、組合せ数が倍になっても、難易度は同一程度ということになります。また、この組合せ数が倍あるということで、例えば、馬単ワイドを2点買った場合、その2点ともが的中する可能性があり、馬連とは違った面も見えてきます。ですので、予想に自信があれば、馬連で2点流す場合よりも、2点的中ともなれば結果が成果としてより反映する可能性が高く、確率的には同程度の馬券ですが、より攻撃的な馬券とも言えます。

この馬単ワイドは、馬単の相手を広げたわけですが、代用馬券として見れば、ワイド馬券を絞った形になっています。ワイド馬券の2頭の的中時の着順の組合せは、(1,2)、(1,3)、(2,3)、(2,1)、(3,1)、(3,2)の6通りありますが、馬単ワイド馬券は、この内の(1,2)と(1,3)だけを選択して購入するのと同じです。ですので、ワイドとの比較では、約3分の1の絞り込みになり、配当もその程度の3倍が期待できます。また、同様のパターンとして、ここに(2,3)も追加すれば、後先ワイドという馬券も作成できます。つまり、A馬とB馬がともに3着以内でなおかつA馬が先着した場合にのみ的中するという馬券で、これはワイドの半分の絞り込みですので、配当も倍程度期待できます。

今回は、2頭の関係のみの説明で、3頭目は基本的に総流しとして購入することにして説明していますが、実際の購入も3連単での代用馬券になりますので、もちろん3頭目も削ることはより容易に可能で、さらにそこから人気馬が消せれば合成オッズが上昇しますので、回収率を向上させることができるはずです。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunezaki/10446811
この記事へのトラックバック
勝馬投票券, 万馬券, 競馬
馬券【トラックバックジャパン】at 2005年04月05日 11:37