2006年01月29日

無投票目

 去年のこの時期、小倉のレースで3連単の無投票目が発生しましたので、今年もあるかと期待してチェックしていたのですが、先週は開催中止で土曜日が2場になってしまったせいもあってか発生せず。で、今週はというと、今のところはどうも発生する気配は無さそうですね。一応先週は3票というのがありましたので、可能性は無いとは言い切れないというくらいでしょうか。

 無投票目というのは、1票も投票されなかった目のことで、もしその目が的中してしまいますと、特払いとなり、その券種の購入者全員に税引き後の金額が返還されます。1円単位は切り捨てなので、100円につき70円ですね。まあ本来はハズレなので、70円でも返ってくればそりゃありがたいわけですが、特払いが確定するのはレースが終わってからしばらくしてからなので、当然外れたと思った人は馬券を捨ててしまっている可能性も高く、競馬場やWINSでは混乱が予想されます。なので、JRAとしても極力発生させたくないわけですが、その元になる無投票目が去年はこの小倉開催で発生したわけです。全てのレースをチェックしたわけではありませんが、発生したのは多分この1つのレースだけだと思います。まあたとえ発生しても、さらにその目が的中しないと特払いにはなりませんので、そこまで行く可能性はほとんど無いのかもしれません。馬券的には数億円という配当と同レベルになりますので。発生しやすい条件としては、組合せ数が多くて、なおかつ売り上げが少ないことですので、現状の9R以降という縛りでは後者は満たしづらいですね。逆に言えば、3連単を全レース発売にすると、発生する可能性が大幅に上がりますので、現状ではそこまで踏み切れないということもあると思います。日曜のレースでは、小倉の9Rが一番可能性が高そうですが、どうでしょうか。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunezaki/50364008