2006年11月12日

エリザベス女王杯予想

 さて、エリザベス女王杯ですが、メンバーを見たときには、スイープトウショウが1番人気になると思いましたし、また、この馬を外して予想することはまず無理で、1番人気であれば、期待値的にも美味しいだろうと考えていましたので、買いにくいかなと思っていたのですが、前日段階ではカワカミプリンセスが1番人気と、これならむしろ買いたくなるレースと言えます。

 というのも、秋華賞の予想の時点で、内回りだからこそ、そしてオークスがスローでなかったからこそのカワカミプリンセス本命でして、その段階で、もし好走してもエリザベス女王杯では軽視することは決めていまして、スイープトウショウは出ない方が美味しい馬券が買えると思っていたのですが、この人気であれば行けそうです。

 今回は京都外回りコースで、ここで要求されるのは鋭く切れる末脚です。カワカミプリンセスは、上りは常に上位ですが、この馬の走りのイメージとはやはり違います。逆に、スイープトウショウはまさにぴったりで、ここではもちろん中心視。逆に、他の秋華賞組では、もう少し緩いペースから切れる馬として、アドマイヤキッスを1番手に挙げときます。

 それから、牝馬限定の中距離戦の場合には、近走で牡馬と戦って善戦して来た馬が基本的に期待値が高めになりますので、そのあたりも考慮して、他では、ディアデラノビア、サンレイジャスパー、ソリッドプラチナム、そして、あくまで2・3着付けとして、カワカミプリンセス。馬券的には、スイープトウショウとアドマイヤキッスを中心に買う予定です。単・ワイドなども織り交ぜて買いたいですね。この人気であれば、ちょっと勝負しようかとも思ったのですが、末脚優先の予想だけに、現在の天候・馬場状態がちょっと気になるところで、買い目は多分変更しないと思いますが、勝負度合いは現在のところは未定ですね。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunezaki/50840834