2006年11月26日

ジャパンカップ

 JCですが、これはパスしたくなるレースですね。通常なら外国馬云々で見送りかというところですが、今回の問題はハーツクライです。戦前からノド鳴りと敗戦の弁を語られてしまいますと、この人気ではとても買いづらいです。まあ、ディープインパクトだけに対する敗戦の弁とも考えられますし、いや、それとも、少しでも2頭の組合せのオッズを上げようというリップサービスでしょうか。まあ、レース間隔もあいてますし、馬券を買うのであれば、こちらを軽視するということになりそうです。とは言っても、2頭で決まってしまう可能性はかなり高いかと思いますので、買い方が難しいです。

 この頭数ですから、スローで上り勝負になる可能性が高いかと思います。ただ、そんなことは騎手もわかりきっているわけですから、このメンバーであれば、ジリ脚の馬はかなり早目に行くでしょうね。ですので、上り勝負の可能性は高くも、人気薄の前残りは無いと見て、相手は後方待機の馬から絞って、ドリームパスポートとスウィフトカレント。あ、本命を書き忘れてましたが、頭はディープインパクト固定で。2頭への馬単がメインで、あとは、ディープインパクト→ハーツクライ→2頭の3連単を少し、の計4点で。合成オッズ3.6倍。買うかどうかギリギリのところですね。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunezaki/50855417