2007年02月18日

1600万下追加

 また1600万下が追加されるようですが、「一般レース」ということで特別ではなく平場ということのようです。平場の1600万下ですが。まあ以前は平場のオープン競走もありましたが、平場の1600万下ですか、多分大きな問題は無いと思いますが、何か影響を受けているところがあるかもしれませんので、事前に検証してみます。

 これで春の1600万下は13鞍追加ですね。先日書いた昇級ルールの変更によるものかと思いますが。ただ、同じ1600万下でも芝の中長距離のレースはフルゲートにならないことも多いので、バランスの問題ですね。基本的にはレース体系の問題かと思いますが、現状だと頂点が芝の中長距離の体系ですので、本来であれば、条件戦でもそれに対する賞金的な傾斜を付けた方がスムーズに行くわけですが、現状では2000m以上でちょっと追加されるだけで、あまりそうはなっておらず、距離別の体系を整備した結果、むしろ適性を見極めやすいと思われる短距離に調教師・馬主・生産者のウエイトがかかっているような印象です。この平場の1600万下も特別と比較すると賞金はかなり安いようなので、それもバランスを意識したものかもしれません。今回は緊急避難的な措置かもしれませんが、場合によっては、今後は平場の1600万下が最初から組まれるかもしれません。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunezaki/50937362