2007年03月10日

対応が優先されるルール変更

 今週は平場の1600万下が組まれていまして、平場ということで見習い騎手の減量が有効ですので、いきなり新人騎手が乗ってきていたりして、こちらも面白そうなのですが、それより今週はいくつか頭の痛くなりそうなニュースがありましたね。

 まずは控除率の引き下げの件ですが、もちろん馬券を買っている立場としては、これは大歓迎で嬉しい限りなのですが、プログラム的な問題も含め、移行後の過去のデータの扱いがかなり大変になりそうです。回収値等の意味が変わるわけですから、それをどうするかでまた悩まないとなりません。特に最悪のケースとして、こまめに変更されてしまうことですね。できれば、段階的に変更せずにスパッと一発で行なっていただければと思います。

 あとは、国際パート1入りのためにグレードの「G」が使えなくなるとかなんとかという話ですが、こちらも単純に「G」の表記が変わるだけであれば特に問題はありませんが、国際G1と区別するために、また別のクラスやカテゴリができたりしますと、過去のデータの扱い方が微妙になりますので、こちらも何等かの対応が必要になりそうです。もちろん、データを分析する場合も同様に過去のデータが利用できなくなる可能性がありますので、影響は大きいかもしれません。何とか互換性の高い仕様にして欲しいところです。

 これらを含め、Vistaへの対応や、秋の開催9日目の発生、ルールやプラットフォーム、仕様等の変更は優先して対応する必要がありますので、しばらくは機能追加以外の対応に時間が取られそうです。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunezaki/50955662