2007年06月15日

例年とちょっと違う夏競馬

 さて、夏競馬です。新しい世代のレースも始まりますが、まあ、この時期の予想はなんと言っても降級馬ですね。あとは条件ごとに3歳馬の扱いに注意して、細かい部分は、まあ毎年のように書いてますのでここでは省略させて下さい。

 ただ、例年と比較して、今年、明らかに違う点は、騎手のリーディングでしょうか。それから、サンデーサイレンス産駒の減少もですね。この2つはもちろんそのまま予想に直結する内容でもありますが、もっと重要な意味は、これまでレースを作ってきた主役が替わろうとしているということかもしれません。主役が替わることで、全体の流れやバランスも変化するはずですので、結果的に大きな変化になっている可能性もあります。騎手も種牡馬も長期政権だっただけに、この変化に慣れるには少々時間がかかるのかもしれません。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunezaki/51041541