2011年04月07日

JRAプレミアムについて

 4月10日の阪神12Rのマーチステークスですが、本来は桜花賞直後でJRAプレミアムの扱いとなっていましたが、こちらは被災地支援競走ということになり、JRAプレミアムの実施が控えられましたので、オッズ・配当は従来の計算方式で算出されます。

 ですが、元々どのレースがJRAプレミアムなのかというデータはJRA-VANからは提供されていませんので、ターゲットでは、JRAプレミアムに該当するレースのIDをあらかじめにプログラム内に格納しています。ですが、こちらは基本的に固定されていますので、本レースにつきましても、JRAプレミアムとして扱われてしまいます。また、この先、6月26日の宝塚記念までのJRAプレミアムについても同様の扱いになるようです

 影響としましては、まずは出馬表等で、「JRAプレミアム」と表示されてしまいます。レース前日・当日のオッズは問題ありません。こちらは提供されたものをそのまま表示しているだけです。ですが、そこから控除率を元に逆算して得られる推定票数やシェア(得票率)等については、値が正確ではなくなりますのでご注意下さい。また、確定後の一部のオッズについても、票数から計算している場合には、5%が加わった値が表示されます。ということになりますので、該当レースではご注意下さい。今週はマーチステークスのみが対象です。

 次回のリビジョンアップで、現在の状態を反映したものになりますので、これらの問題は解消されます。その後には、JRAプレミアムレースの任意の指定や該当レースデータの提供も検討する予定です。次回のリビジョンアップは、今月中の予定です。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunezaki/51867125