2016年10月15日

TARGET frontier JVをVer5.75 Rev024にアップデートいたしました

 昨日、TARGET frontier JVをVer5.75 Rev024にアップデートいたしました。ただ、機能はRev023から変化は無く、IPATの部分も同じです。他のデバッグと内蔵ヘルプ等の追加を行なっただけになります。バグは、馬データ画面で、表示限定機能を有効にした状態で、条件を変更しますと、表内は切り替わりますが、度数部分がリアルタイムでは切り替わらないというもので、こちらを改善いたしまた。

 また、Rev023の時点で追加・改善された機能は以下の通りです。


・戦歴・レース検索で、検索レース(あるいはマークしたデータ)の馬単・3連複・3連単の全点買い(簡易検索)で馬券シミュレーションを開くことが可能
・戦歴・レース検索で、マーク馬のみで馬券シミュレーションを開く機能(ボックス等)に対応
・戦歴・レース検索で、前走(起走)/次走レースを別画面で一覧(メニューの「表示」内)にマークデータのみのメニューを追加
・戦歴・レース検索で、ワークデータ別集計で集計時にワークデータ文字列の「前後の空白の削除」の指定が可能
・レース検索等で、大阪杯G1昇格への仮対応(G1プリセット等)
・重賞スケジュール一覧画面で、右クリックメニューから過去10年の検索に対応
・IPATサイトの仕様変更に対応


 大阪杯はまだ公式発表は無く、条件も変わるかもしれませんが、一応仮対応いたしました。


・戦歴・レース検索で、検索レース(あるいはマークしたデータ)の馬単・3連複・3連単の全点買い(簡易検索)で馬券シミュレーションを開くことが可能

 馬券シミュレーションでの簡易検索(全点買い)ですので、検索したレースでの各馬券の配当額の分布や人気の組み合わせ別の出現率、配当額範囲等、場所、クラス、頭数別等の平均配当も確認できます。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunezaki/52223672