2016年01月15日

即PATがゆうちょ銀行に対応

 今週末より即PATが新たにゆうちょ銀行に対応するということですが、IPATサイトの仕様変更等の可能性もありましたので、新たに即PAT口座を作成して入金から投票のテストを行ないましたが、今のところは特に問題はありません。引き続きテストしてみます。
  

Posted by kunezaki at 19:28TrackBack(0)

2015年07月20日

WIndows10(プレビュー版)でのTARGET frontier JVの動作について(追記あり)

 来週29日にはWindows10が正式に公開される予定です。こちらでも先週末には最新のプレビュー版(Build 10240)で一通りの実践テストを行ないました。現状では、特に動作に問題がある箇所は見つかっていません。また、公開当初はネット上での公開だけのようで、製品版として店頭等で販売されたり、プレインストールマシンが販売されることも無いようですので、7月29日の時点では特にターゲットの対応版を公開するという予定はありません。まだまだ細かい部分や様々な環境等でのテストは足りいませんが、基本的には現在の最新バージョンでそのまま正常に動作すると思われます。ただ、まだ正式版そのものでの動作も確認していませんし、公開後でも頻繁にアップデートされる可能性もありますので、正式対応というのは当分は先になると思います。もちろん正式対応となる前でも、問題が確認されましたら、速やかに対応する予定です。

 ただ、Windows10は現時点でクリーンインストールも一応可能ですが、上記の通り、当初は基本的には現在利用しているてWindowsをアップデートする形になるケースがほとんどと思われます。一番問題が少ないのはWindows10のプレインストールマシンでの動作になるかと思います。こちらは、Windowsの動作はもちろん、インストール済みの他のソフトも基本的には動作の保証はされているはずで、ターゲットに動作の問題があれば、ターゲットで解決すべき問題になりますので、わかりやすいです。ただ、すぐには発売されないようですので、しばらくは試すことは出来なさそうです。

 次はクリーンインストールで、こちらはその既存のハード等とWindows10の相性で問題が発生する可能性が考えられます。特にタブレットタイプとか高解像度タイプは個性的なものもありますので注意が必要ですし、容量的な問題もあるかもしれません。

 そして、一番問題になるのは既存のWindowsをアップデートするケースですね。こちらの場合には、前述の既存のマシンとのハード的な相性や、インストール済みのドライバ、あるいは常駐ソフトやよく利用する他のソフト等で何かトラブルが発生する可能性も考えられますので、それらに影響を受けてターゲットが正常に動作していないような状態にならないとも限りません。

 Windows10を利用する場合、現時点では、大半が最後のアップデートによるWindows10の導入になるかと思いますが、ターゲット以外の問題については、こちらでは対応できませんので、このようなケースを避けるためには、しばらく経って、インターネット上に情報等が揃うまでは待った方が良いかもしれません。

 大規模なアップデートになると思いますので、その過程においてもトラブル等が発生する可能性も考えられ、それらも含めてより安全な手順等のノウハウが一般に広まるまでは少し待った方が良いかと思います。もちろん、このような問題も自身で対応できるようであれば、待つ理由も無いかとは思いますが、特に急ぐ理由が無いのであれば、待てば待つほどトラブルに遭遇する確率は減るかと思います。

(追記)
 現状では、まだ内蔵ヘルプは対応できていないようですが、こちらについては、今後マイクロソフトからお知らせ等があると思われますので、それまではオンラインヘルプをご利用下さい。  
Posted by kunezaki at 21:19TrackBack(0)

2013年07月22日

IPATサイトの変更と投票時のエラーについて

 7月13日より、IPATサイトがリニューアルされ、仕様が変更されています。とは言っても、変更されたのは、情報提供の部分で、オッズや出馬表、成績の表示等で、投票関係はそのままです。ということですので、ターゲットでは基本的に影響は無く、これまで通り投票できているかと思います。

 6月末には、JRAのサイトでもリアルタイムのオッズが見られるようになり、オッズの表示関係等の部分の仕様がかなり変更されています。そして、IPATの情報提供部分はこちらと統合されたようです。

 BET Masterでは、どちらも影響を大きく受けていまして、先月末から現在に至ってもまだ完全には対応できておらず、対応を継続しているところですが、一応ひと段落付いて、暫定対応したテスト版のVer2.05bを先週末に公開しています。

 さて、ターゲットですが、今週末から、JRAでは、各競馬場の最終レースの馬連配当のみ+5%アップという新しい制度が9月末まで行われる予定のようで、そちらに対応して、現在のテスト版を正式版として公開する予定でしたが、予定外だった前述のIPATサイト等のリニューアルの件で大きく時間を取られてしまい、今週末には間に合わない可能性が高くなってしまいました。1〜2週間程度遅れるかと思います。テスト版から正式版への移行ですので、テスト版からの大きな機能の追加はありませんが、細かい機能の追加とバグの改善が結構あります。


 また、IPAT投票時に「0による浮動小数点数除算」等のエラーメッセージが表示されて、投票等が出来ないケースが発生しているようです。環境としては、Windows7で、インターネットエクスプローラの10.0がインストールされていると発生する場合があるようです。Windowsの自動アップデート等でIEが10.0になると、発生することがあるようですので、急に発生したように感じるケースもあるようです。

 ただ、こちらでも同様の環境で何度もテストしていますが、発生することは無く、他にも何か条件があると思われます。こちらで現象自体が再現できれば、解決するのは難しくは無いかと思いますが、現状では他の発生条件が不明ですので、まだ無条件での解決はしていません。しかし、IEのバージョンを9.0に戻せば解決することもわかっていますので、IEを戻しても構わないということであれば、こちらのマイクロソフトのQ&Aサイト内の方法で、IEのバージョンを9.0に戻してお試し下さい。
  
Posted by kunezaki at 19:31TrackBack(0)

2013年01月17日

1月21日(月)の中山5日目の代替開催について

 21日の月曜日の中山5日目の開催は、14日の分の代替開催となりますが、出馬投票のやり直しになりますので、レースや馬番は異なります。以前にもお知らせしたことがありますが、このようなケースでは、ターゲットの個人データの一部で表示が異常になる場合がありますのでご注意下さい。問題になるのは、この日のレースのレース印、馬印、予想コメント、結果コメントです。他のコメントや買い目等については問題ありません。

 削除の方法としましては、中止になったレースがある1月14日の出馬表レース選択画面を開いて下さい。この状態で、中止のレース(中山5〜12R)が表示されない場合には、メニューの「この画面の設定」内の「中止・無効のレースを表示しない」にチェックが入っていれば外してください。また、出馬表データが無い場合には、基本的に中止のレースは表示できませんが、その場合には個人データも無いと思いますので基本的に問題はありません。

 表示後、中山のレースをどれかを右クリックし、「中山だけの出馬表分析」を実行して下さい。この状態では、施行された4Rまでのレースも含まれていますので、もしその1〜4Rにも個人データがある場合には、4Rの最後の馬(16番のトミケンバアシス)を右クリックし、「カーソル以上のデータを抽出から外す」を実行して下さい。これで、画面内は全て中止になったレースのデータになっているはずですので、一応スクロールしてご確認下さい。

 あとは、メニューの一括処理から、各レース印、各馬印、予想コメント、結果コメントで、設定したものを一括削除するだけです。レース印は上書きで削除を指定して下さい。

 なお、代替開催の1月21日(月)の出馬表の馬番が確定し、既に個人データを新たに設定していますと、この方法を実行した場合には、その新しく設定したデータも消えてしまいますので、その場合には、新しいレースの出馬表等で、個々に削除して下さい。

 お手数をおかけしますが、対処が必要な場合には、以上の方法でお願いいたします。

  
Posted by kunezaki at 19:16TrackBack(0)

2013年01月05日

本日(1/5)のWIN5の投票ができない現象が確認されました

 本日(1/5)のWIN5の投票ができない現象が確認されました。こちらは、土曜日のWIN5の発売が初めてだったために未確認の仕様があったための現象です。Ver5.74b Rev001(テスト版)で対応いたしまたので、更新確認でテスト版をダウンロードしてお試し下さい。

 また、この現象は上記の通り土曜日のWIN5発売が原因と思われますので、明日以降の発売についてはこれまでのバージョンでも問題ないかと思います。
  
Posted by kunezaki at 13:47TrackBack(0)

2012年10月30日

TARGET frontier JV Ver5.73 Rev003(正式版)を公開しました

 TARGET frontier JV Ver5.73 Rev003(正式版)を公開しました。メニューパネルの更新確認からバージョンアップして下さい。テスト版のRev002も含めて、追加されたのは以下の機能です。

 Ver5.72(正式版)としては、Rev001Rev000での機能追加分及び注意点等ありますので、テスト版を利用せずに今回バージョンアップするた場合にはリンク先をご一読下さい。特にRev000の方は大きな変更に対する注意点が3点ほどありますので必ずご一読下さい。

 なお、今回追加された機能については、オンラインヘルプに反映されるのは数日先になります。それまではターゲット内のヘルプをご利用下さい。


・出馬表レース選択画面及び本日集計画面で、その日のみの開催分析で騎手・調教師・種牡馬・馬主別集計結果を直接表示
・出馬表で、過去走項目として複勝オッズ、複勝人気を追加
・出馬表で、騎手・調教師レース時年齢項目を追加
・買い目画面で、選択範囲あるいはマークした買い目の買い目印の一括設定
・買い目一括処理画面(買い目の一括読み込み/一括投票等)で、選択範囲あるいはマークデータへの金額一括設定
・買い目一括処理画面で、選択範囲あるいはマークデータへのエリアの一括指定
・買い目一括処理画面で、選択範囲あるいはマークデータへの買い目印の一括設定
・馬データ画面で、複勝オッズ,複勝人気,レース時騎手年齢項目を追加
・騎手データ画面・調教師データ画面で、戦歴ボタンにメニューを作成:本年(+前年)全成績、重賞/G1(2000年以降)
・成績日付検索メニュー画面で、WIN5対象日の表示/データの表示
・成績日付検索メニュー画面で、本日メモの作成・表示・編集が可能
・成績日付検索メニュー画面で、罫線・ストライプの指定が可能
・成績画面で、騎手・調教師レース時年齢、馬齢斤量、馬齢斤量差項目を追加
・成績画面で、配当表示の改善(同着時明示/ヒント表示)
・WIN5データ画面の集計で、選択範囲データのみを対象した集計結果を追加
・WIN5データ画面で、各レースごとの残存率項目を追加
・開催日程画面で、競馬場別開催数一覧
・重賞スケジュール画面で、本日メモの作成・表示・編集が可能
・重賞スケジュール画面で、路線別等でのレース限定が可能
・馬データ検索で、「抹消時年齢・月」項目を追加
・馬データ検索の集計画面で、ダブルクリックで各データの表示
・レース検索で、馬名リストを読み込んでマークが可能
・レース検索で、騎手・調教師レース時年齢
・レース検索の騎手分類・調教師分類別集計に誕生日(±1,7日以内)別集計
・レース検索の各平均で、賞金合計
・タイム分析画面で、クラス分布指定項目(出力未対応)
・サイドウインドウの画面リストで、シングルクリックでも移動可能に
・サイドウインドウの画面リストで、右クリック(閉じる,最小化)に対応
・ポップアップヒントの文字サイズの指定が可能(環境設定・画面表示)
・その他細かい改良とデバッグ

 今回は細かい部分が多いのですが、前回も機能追加した重賞スケジュール画面で、トップに路線別のような限定を設けています。これは、3歳牝馬路線とか古馬ダート路線のような指定で重賞レースを限定できます。

 また、元々可能だった集計機能をより簡単に実行できるようにしたものですが、出馬表レース選択画面、あるいは本日集計画面から、その日の騎手・調教師・種牡馬・馬主での成績の集計がメニュー(表示内)ひとつで可能になっています。こちらは確定成績を利用して、開催分析画面で表示していますので、実際にはひとつ開けばタブで他の集計には切り替えることが可能です。出馬表分析であれば、5着まで確定の成績等でも集計は可能ですが、こちらはターゲットで通常の成績画面の状態で表示可能な成績データが必要です。レース確定後30分程度くらいで提供されるものになりますので、即時というわけにはいきませんが、成績データをダウンロードすれば簡単に表示できます。

 他としては、馬データ検索に「抹消時年齢・月」という項目を追加しました。これは、抹消馬が何歳の何月に抹消されたのかというデータです。まあ予想に役立つかどうかは全くわかりませんが、馬主別に見たりしますと結構傾向があったりします。

 タイム分析画面で、クラス分布指定という項目を追加しました。これは、★タブで項目指定をする場合、この項目の次に数値項目を設定すると、その数値項目は、項目幅が5倍になって、クラス(新馬・未勝利、500万下、1000万下、1600万下、オープン)の5つの区分で、該当する位置に表示されるようになります。通常縦に並ぶ項目が、そのデータの該当クラスで位置が変化するというものです。つまり、クラスを意識せずともクラスが認識できるということです。クラス順にソートすればクラスはまとまりますので、認識しやすいですが、例えばタイム順にソートして、タイムをこれで表示すると、クラスがランダムに並んでいても横方向の位置で区分されているということです。で、それを任意の数値項目で可能にしたものです。ただし、現状では出力には対応していません。今後、他の画面も含めて、このような属性だけの項目も増えるかもしれません。アイデアがあればお知らせ下さい。

 また、その他ランク画面に「加減(馬齢重量差)」という項目が古くからあったのですが、こちらの名前を画面の表示名「齢斤差」と変更し、「齢斤(馬齢重量)」と共に成績画面に追加しました(項目選択画面内では「馬齢斤量差」等となっています)。馬齢重量とは、馬の性差や成長等を考慮した基準になる斤量で、基本的には性別や年齢・月等で決まります。例えばトップハンデ馬は単純に一番斤量の重い馬ということではなく、本来はこの重量からの差が一番大きい馬がトップハンデ馬という考え方もできます。また、通常の別定等の競走でも、多く背負わされている馬が簡単に把握できます。今後はレース検索にも項目を追加して、斤量差による集計も追加する予定です。

 製品版のWindows8でも動作を確認していますが、今のところ特に問題は見つかっていません。丸ごとコピーの状態でもそのまま動作しています。ただし、各機種固有の設定等の違い(特に画面表示)や、投票等でIEの設定等の影響を受ける可能性等もありますので、しばらくは動作保証対象になることはありません。現時点でのご利用はサポート外となってしまいますが、何か問題点があればできるだけ改善するようにしますので、お知らせ下さい。  
Posted by kunezaki at 20:42TrackBack(0)

2012年10月21日

テスト版をリビジョンアップしました

3着3頭同着で、配当の表示や買い目の的中判定等に不具合が発生しましたので、とりあえずテスト版をリビジョンアップして対応しました。確定成績じゃないとテストできない箇所もありますので、最終的には月曜日以降に確認してから来週中にでも正式版として公開することになるかと思います。機能もいくつか追加していますが、もう少し追加する予定ですので、紹介はそのときにまとめて行う予定です。  
Posted by kunezaki at 02:14TrackBack(0)

2012年10月20日

3頭同着

3頭同着は非対応の箇所がありますので、これから対応いたします。
データがある範囲での中央競馬の過去には例は無かったはずです。
1・2着については3頭というケースはほとんど発生しないと思います(必ず片側から確認できるため)が、
3着については、両サイド挟まれると可能性はあるとは考えてはいたのですが。
  
Posted by kunezaki at 16:05TrackBack(0)

2011年11月24日

今週以降のWIN5対象レースについて

 今週末から年末にかけてのWIN5の対象レースは少々変則的になっており、ターゲットでのWIN5データ取得前(発売開始前)の段階での自動的な選択では正しいレースが選択されませんのでご注意下さい。

 今週末のジャパンカップと有馬記念の日については、それぞれジャパンカップ、有馬記念の後にも他場のメインレースがありますが、ジャパンカップ、有馬記念の各G1レースがWIN5の5番目のレースになるように対象レースが組まれています。ですので、スタートは他場の9レースからと早くなり、締切時間も早くなりますのでご注意下さい。

 また、来週以降、有馬記念の前週までの3回は、基本的には通常の対象レースに近いのですが、小倉の10Rが飛ばされ、その替りに1レース繰り上がって中山10レースからスタートするという形で組まれています。こちらも繰り上がる分、締切時間が早くなります。5つのレースが連続していないという変則的なパターンですのでご注意下さい。

 それぞれの日の具体的な対象レースについは、こちらをご覧下さい。

 ターゲットでは、WIN5の対象レースについては、南部杯の日の1場開催で最終レースを加える等、できるだけ自動的に選択されるようにしてきましたが、今回のようなパターンだけでなく、今後も様々なケースが想定されますので、現状ではこれ以上は自動的な選択パターンの追加は行わない予定です。確実なルールが存在しているわけではないということのようですので、基本的にはシンプルな方式のみ対応するということにいたします。

 正式な対象レースは、WIN5開催日の前日のWIN5発売開始時直前に提供されるWIN5のデータを取得すれば自動的に選択されますので、それまでお待ち下さい。こちらのデータがもっと早く提供されれば、その時点で対象レースが確定できますので、基本的にはそのような方向での改善を望みたいところです。

 
  
Posted by kunezaki at 22:59TrackBack(0)

2011年07月27日

TARGET frontier JV Ver5.72 Rev005(正式版)を公開しました

 TARGET frontier JV Ver5.72 Rev005(正式版)を公開しました。正式版ということで、動作の安定を優先していますので、最新のテスト版からの機能追加は以下の通りで、あまりありません。バージョンアップは、Ver5.70以降をご利用の場合には、メニューパネルの更新確認ボタンを押して、最新バージョン取得のボタンを押して下さい。それより前のバージョンをご利用の場合には、メニューのヘルプの「半自動バージョンアップ」を実行して、半角数字で「572」と入力してバージョンアップして下さい。

 正式版は前回は今年の年頭でしたので、そこからの機能追加としては、WIN5の買い目の作成や投票、データの表示等に対応、また、他の新データである対戦型マイニングや除外情報データにも対応したのが主な追加機能です。前回の正式版からのその他の追加機能等についは、こちらをご覧下さい。

 以下は、Ver5.72b Rev004(テスト版)からの追加機能です。

・WIN5データ画面で、票数や配当の合計値・平均値、人気別の出現比率の表示が可能(集計ボタン)
・仮想5重勝オッズ画面の買い目エリアで、範囲選択が可能になり、選択した行を対象として、買い目の一括削除、一括マーク、金額の一括設定が可能
・レース検索のレース一覧画面、集計画面、馬データ検索画面及び、出馬表分析の右クリックメニューで、列の一括範囲選択が可能
・その他細かい改良とデバッグ

  
Posted by kunezaki at 21:53TrackBack(0)