2017年02月19日

TARGET frontier JV Ver5.75 Rev027を公開いたしました

 先ほど、TARGET frontier JV Ver5.75 Rev027を公開いたしました。先週の1回小倉1日目が月曜日に延期されたことによって、画面表示等に不具合が発生しましたので、そちらに対応しています。今回は基本的にそのデバッグのみの対応したものですので、必要なければそのままでも構いません。

 こちらも、本日集計画面や出馬表レース選択画面で「リスト表示」で利用している場合の場所順でのソートが正常に行なわれないという現象と、成績日付検索メニューで、「開催名」で表示している場合に一部の開催が抜けてしまうという現象だけです。どちらも、設定や利用方法によっては全く現象が発生しませんので、現象を全く確認できない方も多いかと思います。また、本現象が発生しているケースでも、1回小倉が終れば次の開催からは正常に戻ります。


  

Posted by kunezaki at 23:00TrackBack(0)

2017年01月15日

【重要】1月17日(火)の京都5日目の代替開催について

 17日の火曜日の京都5日目の開催は、15日の分の代替開催となりますが、出馬投票のやり直しになりますので、レースや馬番は異なります。このようなケースでは、現状ではターゲットに設定している個人データの一部で表示が異常になる場合がありますのでご注意下さい。問題になるのは、15日の出馬表から設定された馬印、予想コメント、結果コメントの各個人データです。これらは以前の馬番のままのデータが残ります。またレース印及びレースコメントも残ります。他のコメントや買い目等については問題ありません。

 削除の方法としましては、中止になったレースがある1月15日の出馬表レース選択画面を開いて下さい。この状態で、中止のレースが表示されない場合には、メニューの「この画面の設定」内の「中止・無効のレースを表示しない」にチェックが入っていれば外してください。また、出馬表データが無い場合には、基本的に中止のレースは表示できませんが、その場合には個人データも無いと思いますので基本的に問題はありません。

 表示後、京都のレースをどれかを右クリックし、「京都だけの出馬表分析」を実行して下さい。そして、メニューの一括処理から、各レース印、各馬印、予想コメント、結果コメントを一括削除を実行して下さい。レース印は削除を上書きで指定して下さい。

 お手数をおかけしますが、対処が必要な場合には、以上の方法でお願いいたします。

 なお、16日(月)の中京競馬につきましては、馬番はそのままですので、同様にデータは残りますが、設定されている印やコメントはその馬のものになります。
  
Posted by kunezaki at 16:04TrackBack(0)

2017年01月04日

TARGET frontier JV Ver5.75 Rev026を公開いたしました

 TARGET frontier JV Ver5.75 Rev026を公開いたしました。今回も金杯の「馬連+5%」に対応する必要がありましたので、このタイミングでの公開です。他にもいくつか機能を追加しています。

 なお、今後のアップデートの予定はしばらくはありませんが、その間何事も無ければ、次回は少し大きな機能の追加を何件か行なう予定です。


・「金杯馬連」「大阪杯デー馬連」「春の3歳重賞馬連」の各対象レースの馬連+5%に対応
・戦歴・レース検索で、競走馬の現在の状態(在厩、不在厩、現役、抹消)でのマークが可能
・出馬表からの馬データ画面(出馬表モード)で、画面下部の注意コメントに「ブリンカー外す」及び「今走ブリンカー」を追加(前走が地方・海外の場合には「(前走不明)」が追加表記される)
・坂路調教一覧画面で、2F、3Fの各通過タイム項目を追加(これらの項目でソートが可能)
・出馬表分析で、前走馬番項目の追加
・出馬表分析で、枠番,馬番,前走馬番の枠色着色表示の指定が可能(メニューの「この画面の設定」内から)
・その他細かい改良とデバッグ


 出馬表モード時のブリンカーに関する注意コメントですが、これまでは今回ブリンカーを着用しているかどうかの表示だけでしたが、前走との比較で、今回から着用したケース及び、今回は外したケースも別のコメントとして表示するようにしたものです。

 また、坂路の2F、3Fのタイムは、基本的にはソート用です。そのため、一番右に配置しています。
  
Posted by kunezaki at 22:01TrackBack(0)

2016年12月15日

ベストセラーズ社より『デジタル競馬最強の法則 Vol.2』が発売になりました

 本日、ベストセラーズ社より『デジタル競馬最強の法則 Vol.2』が発売になりました。

 私も少しばかり記事を書かせていただきましたので紹介いたします。これから先のG1レースの傾向の分析データをいくつか紹介していますが、記事としては、データそのものというよりは、その検索方法等の紹介に重きを置いていまして、簡単に実行できるものからややハイレベルな手法まで紹介しています。そのため、ターゲットを利用した検索で、現在よりももう少し難易度の高い検索をしてみたいという場合には参考になるかもしれませんので、よろしければご覧下さい。

 また、JRA-VANのサイトで、プレゼントの対象になっているようですので、こちらもよろしくお願いいたします。本の説明もこちらにあります。

  
Posted by kunezaki at 20:42TrackBack(0)

2016年12月09日

TARGET frontier JV Ver5.75 Rev025を公開いたしました

 昨日、TARGET frontier JV Ver5.75 Rev025を公開いたしました。今回は、今週と来週の2歳G1での「単勝・馬連+5%」に対応する必要がありましたので、このタイミングでの公開となりました。開発途中の機能も多く、今回は他の機能としては、出馬表分析での前走の馬番項目の追加及び、他の馬番・枠番項目も含めて枠番での色分け表示の指定を可能にしたくらいです。

 +5%は、レース前の段階でのオッズから逆算したシェアを利用しているデータについては、この+5%が影響しますので、2歳G1で、単勝と馬連のシェア関係のデータを利用している場合には、必ず事前にアップデートを行なってください。

 なお、次回のアップデートも、例年通りに金杯前は確定していますので、そちらもよろしくお願いいたします。

  
Posted by kunezaki at 21:22TrackBack(0)

2016年10月15日

TARGET frontier JVをVer5.75 Rev024にアップデートいたしました

 昨日、TARGET frontier JVをVer5.75 Rev024にアップデートいたしました。ただ、機能はRev023から変化は無く、IPATの部分も同じです。他のデバッグと内蔵ヘルプ等の追加を行なっただけになります。バグは、馬データ画面で、表示限定機能を有効にした状態で、条件を変更しますと、表内は切り替わりますが、度数部分がリアルタイムでは切り替わらないというもので、こちらを改善いたしまた。

 また、Rev023の時点で追加・改善された機能は以下の通りです。


・戦歴・レース検索で、検索レース(あるいはマークしたデータ)の馬単・3連複・3連単の全点買い(簡易検索)で馬券シミュレーションを開くことが可能
・戦歴・レース検索で、マーク馬のみで馬券シミュレーションを開く機能(ボックス等)に対応
・戦歴・レース検索で、前走(起走)/次走レースを別画面で一覧(メニューの「表示」内)にマークデータのみのメニューを追加
・戦歴・レース検索で、ワークデータ別集計で集計時にワークデータ文字列の「前後の空白の削除」の指定が可能
・レース検索等で、大阪杯G1昇格への仮対応(G1プリセット等)
・重賞スケジュール一覧画面で、右クリックメニューから過去10年の検索に対応
・IPATサイトの仕様変更に対応


 大阪杯はまだ公式発表は無く、条件も変わるかもしれませんが、一応仮対応いたしました。


・戦歴・レース検索で、検索レース(あるいはマークしたデータ)の馬単・3連複・3連単の全点買い(簡易検索)で馬券シミュレーションを開くことが可能

 馬券シミュレーションでの簡易検索(全点買い)ですので、検索したレースでの各馬券の配当額の分布や人気の組み合わせ別の出現率、配当額範囲等、場所、クラス、頭数別等の平均配当も確認できます。
  
Posted by kunezaki at 18:15TrackBack(0)

2016年10月09日

Windows10で投票時にスクリプトエラーが出て投票できない場合

 Windows10でターゲットをご利用の場合で、投票時等にスクリプトエラー等が発生して動作しない場合、Windowsの設定で、インターネットエクスプローラが無効になっている可能性があります。

 Windows10では、Windowsのアップデート等でインターネットエクスプローラが勝手に無効になる場合があるようです。ターゲットでは、IPAT投票関係の機能にはインターネットエクスプローラを使用していますので、こちらが無効になっていますと、投票機能等が正常に動作しなくなります。この場合、有効に戻せば正常に動作するようになります。

 手順は、Windowsのスタートメニュー等からコントロールパネルを開いて、左側のメニューから「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックし、「Internet Explorer 11or他」のチェックを入れて下さい。

  
Posted by kunezaki at 14:47TrackBack(0)

2016年10月01日

IPATサイトの仕様変更に仮対応したVer5.75 Rev023を公開いたしました

 海外競馬発売等に伴うIPATサイトの仕様の変更で、これまでのバージョンからの投票ができなくなっています。こちらに対応したVer5.75 Rev023を先ほど公開いたしました。更新確認ボタン等からバージョンアップしてお試し下さい。他にも追加された機能がいくつかありますが、ヘルプの更新及びそれらの紹介は後ほど行なう予定です。

 また、バージョンアップが正常に行なえない場合には、こちらの開発日誌のひとつ前の内容をご覧の上、その内容でお試し下さい。

 今回の変更は大きなものではありませんでしたが、変更箇所が複数ありましたので、その影響を受けてしまったものです。微妙な変更には自動的に対応するようにもできるのですが、そうしますと、逆に誤動作の可能性も高くなってしてしまいますので、どの程度まで厳密にチェックするかの問題になります。今回は偶々そのチェックにひっかかったというところです。

 ただ、現時点ではWIN5が発売されていませんので、WIN5の投票及び照会の確認の動作はまだ行なっておりません。本日発売が開始され次第にテストして、問題があれば速やかに対処する予定です。少しでも異常な動作がありましたら、少なくともこちらのサイトは事前にご確認下さい。また、現時点では即PATのみでの動作確認しかしていませんし、他にも未確認な動作が一部ありますので、現時点ては仮対応ということになりますのでご了承下さい。
  
Posted by kunezaki at 04:33TrackBack(0)

2016年09月12日

古いバージョンからは基準タイムファイルのダウンロードができなくなります(9.25追記)

 以前からお知らせしていますように、ターゲットのサポートサイトがある@niftyより、@homepageのサービス終了(統合)の知らせがあり、こちらで利用しているサイトは本年の9月29日でサービスを終了するということになりました。そのため、サポートサイトをニフティの別のサーバーへと移動することになりました。

 新しいサイトは、http://target.a.la9.jp/」になります

 基準タイムファイルは、今週分からは新しいサイトでのみの提供としました。古いバージョンのターゲットからですと、ダウンロードできなくなりますのでご注意下さい。もし基準タイムファイルがダウンロードできない場合には、まずは下記の方法等でターゲットを最新バージョンにアップデートして下さい。

 古いバージョンからでもターゲット本体のアップデートは9月28日15時までは可能ですので、まずはターゲットを最新バージョンにアップデートして下さい。バージョンアップは、メニューパネルの「更新確認」ボタンを押して、画面上部右端の「最新バージョンを取得する」ボタンを押して、あとは画面の指示に従って操作してください。

 現在の最新バージョンは、Ver5.75 Rev022ですので、起動して画面最上部のバージョン表示をご確認下さい。かなり古いバージョンからバージョンアップを行ないますと、サーバーの関係で最新バージョンにはならない場合もありますが、その場合にはもう一度バージョンアップを実行すれば最新バージョンになるはずですのでお試し下さい。

 また、もしバージョンアップ中にエラーが出た場合には、以下の方法で改善できる可能性があります。

 まず、「解凍」ボタンを押すタイミングが早いと「書き込みエラー」等が出る場合があります。この場合には、もう一度実行して、「解凍」ボタンが表示されたあと数秒待ってからボタンを押してみて下さい。

 また、同様にWindowsでのセキュリティ機能やユーザーのログインレベル等の関係で、同様のエラーになる場合もあります。この場合には、ターゲットを一度終了させて、ターゲットの起動用のアイコンを右クリックして、「管理者として実行」でターゲットを起動してからバージョンアップの作業を実行してみて下さい。こちらで改善する可能性が高いです。それ以降の起動は通常の方法で構いません。

 また、かなり古いバージョンをご利用で、メニューパネルに「更新確認」のボタンが無い場合には、画面最上部のメニューの一番右の「ヘルプ(H)」内にある「半自動バージョンアップ」を実行して、最初のところで半角数字で「575」と入力して、あとは画面の指示に従ってください。

(追記)
 上記の手順でエラー等が表示されて実行できない場合には、次の手順をお試し下さい。

 ターゲットを起動して、メニューのヘルプ内の「半自動バージョンアップ」を実行して、「575」と入力するのではなく、下記のURLをコピーして、そのまま貼り付けてお試し下さい。

http://target.lib.net/download/tfjv575s.exe



  
Posted by kunezaki at 03:10TrackBack(0)

2016年08月01日

パトロール映像とマルチカメラ映像の再生に対応したTARGET frontier JV Ver5.75 Rev022を昨日公開いたしました

 TARGET frontier JV Ver5.75 Rev022を昨日公開いたしました。更新確認ボタンからバージョンアップを行なって下さい。再起動後、画面最上部の表示で、バージョンが正しいかどうかご確認下さい。もし正しくない場合には、再度バージョンアップを実行してみて下さい。

 7月26日にJRA-VAN NEXTがレーシングビュアーの映像で、パトロール映像とマルチカメラ映像に対応しましたが、同時にJV-Linkもその対応のためにVer4.5.0にバージョンアップされたようです。ターゲットでも早速パトロール映像とマルチカメラ映像に対応し、対応バージョンのJV-Linkを利用して、レーシングビュアーが利用可能であれば、これらの映像も再生が可能になります。

 ただ、この2つの映像は現在は平地の重賞競走のみの提供で、そのタイミングも翌月曜日の夜以降ということのようです。今後提供レースの範囲が拡大等するかどうかはこちらではわかりません。現時点では、「アイビスサマーダッシュ」と「クイーンS」での両映像の再生が可能です。

 一部のみですが確認しましたところ、過去のレースでは、今のところ2015年のレースから映像はあるようです。

 再生方法は基本的にこれまでの通常レース映像の再生方法と同じです。各画面内のレース映像の再生ボタンや再生メニューを実行しますと、パトロール映像とマルチカメラ映像がある場合にのみ映像の選択肢が表示されるようになります。通常のレース映像のみの場合には選択肢は表示されずにそのまま映像が再生されます。

 なお、その他の追加・改善点については以下の通りです。



Ver5.75 Rev021→Ver5.75 Rev022の更新内容


・各画面のレース映像再生箇所で、レーシングビュアーのマルチカメラとパトロール映像の再生に対応(JV-LinkのVer4.5.0以降が必要/提供されるのは今のところは平地重賞競走のみ)
・本年の秋の最終馬連(9月10日〜10月16日/馬連+5%)に対応
・タイムランク画面で項目に「上3F地点差(-3F差)」を追加(フリー項目ソートにも対応)
・9代血統表で、クロスリストのCSV形式出力に対応
・馬名検索(メニューパネルの競走馬ボタン)で、平仮名での馬名の入力にも対応
・小倉競馬場の2860mの障害コースに対応(コースマーク/フルゲート頭数)
・その他細かい改良とデバッグ


  
Posted by kunezaki at 20:58TrackBack(0)